番頭日記

子供と楽しむ交通科学博物館

まいど!!道頓堀の旅館の番頭です。

本日ご紹介するのはJR西日本が運営をする
交通科学博物館でございます。

この交通科学博物館は
番頭が子供のころからある博物館でございまして
当時は「JR」がまだ「国鉄」と言われていた時代でございます。
番頭も子供のころはプラレールやNゲージで電車遊びをしたり、
またはヒモを輪っかにして友達と電車ごっこをしてた世代ですが・・・
今でも電車の実物を目の前にするとやっぱりワクワクしますね。

2007_11090086.JPG

子供でも大人でもワクワクするたくさんの展示物があるのが
この交通科学博物館でございましてぇ。

2007_11090074.JPG

番頭も娘を数年前に連れて行ったのですが
やっぱり子供の行列が出来るのは
実物大のシュミレータやジオラマで電車を動かすところですね。

この博物館は最新の電車の展示はありませんが、
昔なつかしい電車の展示は数々ございます。

2007_11090084.JPG

「機関車トーマス」を子供さんが見たことあれば、
この蒸気機関車を見て「トーマス、トーマス」と連呼しますよね。
番頭のころは蒸気機関車を見ると
「銀河鉄道999(スリーナイン)」なんですが・・・。

P1000447.JPG

もうこの「0系新幹線」の走っている姿を見ることはありませんが、
番頭の子供の頃の『The・新幹線』はまさにこれでした。
交通科学博物館ではこの新幹線の中も見ることも出来まっせぇ。
こぼれ話しですが・・・
SMAPの木村拓哉さんがドラマ「華麗なる一族」の撮影で
この「0系新幹線」の車内を使ってドラマの撮影をしたそうでっせぇ。

P1000451.JPG

そして本当に番頭が生きている間に乗ることが出来るかどうか分かりませんが、
これから東京ー大阪間に造られるリニアモーターカーの実用化にめどが付いた
モデル(ML-500形)のリニアモーターカーが展示されています。
このモデルのあと有人走行実験が長年に渡り行われ
現在のリニアモーターカーに至ったそうです。

今回は交通科学博物館のご紹介を一部して参りましたが、
鉄道好きの方であればまだまだ皆さんそれぞれの楽しみ方があられると思います。
ぜひ大阪にお越しの際は交通科学博物館へ行って見てはいかがでしょうか?
てなことでほなまた。

☆当館から交通科学博物館までのアクセス
地下鉄日本橋駅より弁天町駅まで約10分
あとは弁天町4番出口よりすぐで交通科学博物館に行くことが出来まっせぇ。

交通科学博物館には休館日がありますのでご確認を下さい。

カテゴリ: 家族で楽しめる大阪情報 番頭おすすめ大阪観光

  • 2011年6月13日

コメント & トラックバック

トラックバックURL : http://www.kaneyosi.jp/mtsys/mt-tb.cgi/94

このエントリへのトラックバック

... トラックバック(0)

コメントフォーム

コメントの投稿

 公開されません

* すべての項目が必須です。

ページの先頭へ戻る