番頭日記

愛染祭り あいぜんまつり

まいど!!道頓堀の旅館の番頭です。

あれよあれよと気がつけば
6月のラストデー(30日)でございます。
この日が来ますと大阪の夏祭りシーズン開幕!!ってな気分に
道頓堀の旅館の番頭はなるんですが・・・

さぁ毎年大阪市内の夏祭りの一番最初を飾るのは、
大阪四天王寺の近くにございます愛染堂勝鬘院、
通称「愛染さん」で行われますお祭り・愛染祭りでございます。

『愛染まつり』は日本最古の夏祭りだそうでして、
むかし、むかし、そのむかし聖徳太子が
1400年以上も前に開いた夏祭りだそうで、
聖徳太子の「苦しみ、悲しみを抱く人々を救済したい」という
大乗仏教のご意向を直々に受け継だ行事として
続いている夏祭りだそうですよ。
こんなうんちくを知ると「すごい歴史のあるお祭りも
大阪にあるもんだぁ」って感心しますねぇ。

さて愛染祭りは毎年6月30日、7月1日、2日の3日間行われてまして、
初日の宝恵かごパレードから始まるんでございます。

写真 (2).JPG 
(掲載写真は過去の風景写真を使用しております。)

『愛染さんじゃ、
ほぉ・えっ・かぁ?・ごっ♪』
『べっぴんさんじゃ、
ほぉ・えっ・かぁ?・ごっ♪』
『商売繁盛、
ほぉ・えっ・かぁ?・ごっ♪ 』の掛け声しながら
浴衣を着た愛染娘さんたちが天王寺から愛染さんまでパレードされます。
このパレードを見てると『ほんま夏が来たなぁ。ええなぁ。』って感じますねぇ。

写真 (3).JPG
(掲載写真は過去の写真を使用してます。)

最後は愛染堂勝鬘院でのかご上げでございます。
ちなみこの愛染まつりの宝恵(ほうえ)かごの名前の由来は、
江戸時代の年号「宝永(ほうえい)」からきてるそうで、
「愛染まつり」の宝恵かごパレードは、
この宝永年間に芸妓(芸者さん)が駕籠に乗って
愛染堂にお参りに来たのを再現してはるそです。
そして十数年前までは愛染娘の皆さんではなく、
実際に北新地や今里の芸者さん達が、
宝恵かごに乗ってパレードをしていたそうですねんて。

まぁなにわともあれ『大阪に夏祭りがキタァァァァァァー』ってなお知らせです。
昨年も同じようなことを書いてるかも知れませんが、
カビラジェイ風に言うと『いいです!!』
『この初夏に愛染娘さんを見るのがいいです!!』っていうのが
道頓堀の旅館の番頭の心の本音です。
ほなまた道頓堀の旅館の番頭でした。

☆当館から愛染さん(愛染堂=勝鬘院)までのアクセス
地下鉄「日本橋駅」より地下鉄「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」へ
地下鉄「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」5番出口より徒歩2~3分
当館からの所要時間は約15分です。

カテゴリ: 大阪イベント情報 大阪知っとこ情報 番頭おすすめ大阪観光

  • 2012年6月29日

コメント & トラックバック

トラックバックURL : http://www.kaneyosi.jp/mtsys/mt-tb.cgi/137

このエントリへのトラックバック

... トラックバック(0)

コメントフォーム

コメントの投稿

 公開されません

* すべての項目が必須です。

ページの先頭へ戻る